スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バガボンド&井上雄彦最後のマンガ展

光


「バガボンド」(漫画版・モーニングにて連載中)


「スラムダンク」の井上雄彦が吉川英治の原作「宮本武蔵」をマンガ化したものです。


吉川英治さんを吉村作治さんと勘違いしていた僕が言うのもなんですが、序盤はそんなに引き込まれず、あれ、こういうものかな?と思いつつも読んでいくと、じわじわと面白さが増してくる感じになってきました。連載の方はそろそろ最終章に進んでいくのかな?


そして今大阪(天保山)で開催中の、井上雄彦の「最後のマンガ展」も行ってきました。
とても感動しました。
バガボンドを読んでる人は必見です!機会があればぜひ時間を作って行ってみてください。





スポンサーサイト

ゴールデンスランバー

居眠り


「ゴールデンスランバー」観ました。
伊坂幸太郎(原作)&堺雅人(主演)&斉藤和義(音楽)。


ストーリー:首相暗殺の犯人に仕立て上げられる主人公の逃亡劇。


「悪いのはどいつだ!?」


「僕が誰であろうと 君には関係ない」


「ロックンロール」


「足蹴り一発」


「遠ざかる記憶」


「僕は君でも 君は僕じゃない 君は僕でも 僕は君じゃない」




いいエンディングと、映画館で聴く「幸福な朝食、退屈な夕食」の新録バージョン。いい時間を過ごさせていただきました!


孤高の人

雪山


「孤高の人」(週間ヤングジャンプにて連載中)


ジャンル:クライミング
ストーリー:人付き合いがどうしようもなく苦手な主人公が見つけた唯一の楽しみ・生きがいは、「クライミング」だった。壁や山との対話に没頭し、その才能を開花させるにつれ「死」もまた彼にとって身近なものになっていく・・・




今少し興味があるボルダリングの話かと思ったら、話は(冬山)登山になっていきます。
絵はすごくリアルで、内容も壮絶なので読んでいて心臓の鼓動が速くなる時があるほどですが、怖いものみたさで読みふけってしまいます。
クライミングに興味が無い人に逆におススメしたいと思います(クライミングについて知れるのと、地上で生活している事がいかに幸せな事かに気付けそうなので)。


なお、小説版と漫画版はストーリー展開が同じではないそうです。



黒子のバスケ

バスケ


「黒子のバスケ」(週間少年ジャンプにて連載中)

ジャンル:バスケ
ストーリー:バスケ漫画の主人公が「身長がない」「シュートしない」「存在感が無い」ってそんなんアリかよ!


キャラの区別がつきにくい画風っていうのを差し引いても楽しめる漫画です。


スポーツ漫画が好きな男女におススメできます。

皇国の守護者

ちはや



最近特に沢山マンガを読んでおり、ちょこちょこ紹介したいと思います。


「皇国の守護者」(漫画版:全5巻)


ジャンル:戦争?
ストーリー:架空の世界、架空の時代。ハンサムではないが戦場での知略に長ける主人公が、勝ち目のない戦場という地獄の中で自らの冷静さ、弱さ、優しさ、狂気に気付き輝き始める。


綺麗事じゃないので逆にリアルで引き込まれました。男子のみにおススメ。面白いのに突然の連載終了、何故?
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
writer: kenta
音楽、飲み食い、旅、変形するものが好き。 the pillowsのコピーバンド「ピロフェイク」にてドラムス担当。 ボルダリング、フットサル、ビリヤード、麻雀、ぷよぷよ、テニスなどもします。 初めて来られた方は、このすぐ下↓のメニューから興味のある記事だけを読まれる方がいいと思います。
メニュー
このブログ内を検索!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別の記事
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。