スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山ぶらくり丁

「ぶらくり丁」についてウィキを丸写ししますと、


明治以降も和歌山県を代表し大阪市以南最大の繁華街としての繁栄は変わることがなかったが、1990年代後半より衰退の一途をたどることになった。


とのこと。




歩いてみると、スマートボールや古いゲーセン、昭和の雰囲気なプラモデル屋や劇場があるかと思えば、若者向けな雑貨屋さんやスーパー銭湯みたいなのが入った複合商業施設もある。一つ筋を入ると、いかがわしい通り。


けっこう面白い。




便が悪いのが難ですが・・・


→ぶらくり商店街HP
スポンサーサイト

HUMMINGBIRD-COFFEE

「HUMMINGBIRD-COFFEE」は、和歌山の雑貨も扱う喫茶店。昨日紹介したaerobase商品もここで揃っています。


大きくないですが、お洒落な店内。


僕は珈琲が飲めないんですが、相方によると珈琲も美味しいそうです。

aerobase の「郵便飛行機40型」

郵便飛行機


用意するものは、カッターナイフとピンセットのみ。「約1時間で完成します」とどこかに書いてありました。


18時頃作り始め、ごはん休憩をはさんで・・・





食べるのが遅いのか、僕が不器用過ぎるのか、21時頃完成!


aerobase 社の製品は、「一枚の板を切って、折り曲げて」するだけで自分でこのような飛行機を完成させるという楽しみと、完成品の格好良さ。


10センチもない飛行機の中に、ちゃあんとパイロットや乗客も乗っているのを見ると、半笑ってしまいます。


まさに「大人のおもちゃ」・・・いや、「大人のプラモデル」です。

まつみ玄璽

泉佐野の駅前商店街の中のケーキ屋さん「まつみ玄璽(げんじ)」のケーキは、そんなに甘くなく「昔親と一緒に作った」ような素朴な味わいがウリです。


デコレーションケーキ、ショートケーキ、どれも美味しいですがおススメは「バナナロール」と「フルーツロール」。カットしたものも売っています。


僕は大好きなケーキで地元でも美味しいと評判ですが、「甘い」ケーキが好きな人には物足りないそうです。


さぁ、みんな泉佐野へ、確かめに行こう!

「だんご庄」のおだんご

奈良の2店舗でしか買えない「だんご庄」のおだんご。本店に行くとおばちゃん達が手作りで串にだんごを刺し、きな粉をつけている様子も見れました。
1本60円。店内ですぐにいただいた時はきな粉はぱさぱさとした食感ですが、持ち帰って家で2時間後くらいに食べるときな粉が水分を帯びてしっとりと固まって、違った食感になります。僕は少し時間を置いた方が好きかな、と思いましたが人それぞれでしょう。
どちらにしろきな粉が甘すぎず、すごく美味しいんです!


日持ちがしないので買ったその日に食べるしかないんですが、冷凍保存はできそう。次行った時は大人買いして、冷凍保存しとこうかな~。家にお客さんが来る時とかにも、出すと老若男女を問わず喜ばれそうですし。

小谷チーズ

小谷チーズ



「小谷チーズ」は泉北郡熊取町のケーキ屋さん「パティスリーかいと」の人気商品です。


一口サイズ(お寿司くらいの大きさ)のチーズケーキは、とろける酸味と甘みが絶妙なバランスの一品!


南大阪の熊取町はケーキ屋さんが乱立していて、なかなか激戦区のようです。



滝流しそうめん

兵庫県の山奥(といっても国道沿い)に、その愉快な店はあります。


「戸倉峠名物 滝流しそうめん」



店内に入るとそうめん以外のメニューも一応あるようでしたが、せっかくここまで来て、流してもらわないと!!


というわけで、流しそうめんを注文しますと、川の向こう岸から「トタン」のようなものがずらりと並べられており、常に水がちょろちょろと流れているその「トタン」の先端に、ざるとお箸やつゆなどを手渡され座らされます。


そして、店員さんがまずそうめんを作りますが、川のこちら側(お客さんのすぐ近く)で作っています。どうやって、川の向こう岸から流すのかな・・・?


そうめんが完成すると、おばさまがそうめんを持って、人が通るための小橋のような部分を通って、向こう岸へ。


シュールでいいですね。普通に手渡した方が早い、この無駄な感じ!


おばさまが対岸の小屋のような所に入って行きましたが、いつ頃、どのように流され、どのように終わるのかも説明はありません。


いいですね、この謎な感じ!


前ぶれもなく、おもむろに、そうめんは対岸から流れ始めます。


対岸から流れてくる間にばらばらにほどけてくるそうめん、お箸でなかなかキャッチできません。つかみそこねたそうめんは最初に手渡されたざるにたまっていくので、ざるに入ったそうめんを食べるのがメインです。


そうめんは5分くらいかけてでしょうか?一口ぶんの量くらいずつ、じゃんじゃん流れてきます。いつ終わるのかな?と思っていると・・・突然、明らかにそうめんでない、赤い物体が流れてきます。


もちろんそれに関する説明も無かったので、「謎の赤い物体」はずんずん、ずんずんとこちらに近づいてきて手元に到着するまで正体が判明しません。


その赤い物体以降は、そうめんは流れてきませんでした。「終わり」の合図だったらしいのです。



そうめんショーの終わりを告げる、赤い物体とは・・・!?




是非ご自身の目で、お確かめ下さい。



「戸倉峠名物 滝流しそうめん」




(寒い時期は営業しないので、今年の営業はもう終わってるかもしれません。)




ジャンジャン横丁 てんぐ 

「だるま」、「八重勝」とこの店「てんぐ」といえばジャンジャン横丁の中で行列の出来る三大串カツ店ですが、さすがに平日午前11時頃に行くと職場の同僚8人くらいでも平気で座れました。


定番の串カツ、どて焼き、しいたけ、が個人的にとても美味しかったです。
少し高いえびは、出てきてその値段に納得。実がでかい!


全体的には安いです。


そしてみんなが働いている真っ昼間にも、堂々とビールを飲む事が許される聖地、ジャンジャン横丁。最高ですね。






・・・関係ない話ですが、昔「カトちゃん」という(本名は「kurt・カート」だが彼のナンパのツカミとして面白いあだ名を考えさせられ、僕がカトちゃんと命名した)アメリカ人の友達を梅田の地下の串カツ有名店「鳥の巣」に連れて行き、喜んでもらえたが「二度付け禁止」が上手く英語で説明できず、つけまくっていて「怒る中国人店員 VS 自分の蛮行に気付かないまま初串カツを楽しむ米国人 VS 英語のヘタな日本人」というハタから見るとかなり面白そうなアクシデントを起こしてしまった事を思い出しました。




カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
writer: kenta
音楽、飲み食い、旅、変形するものが好き。 the pillowsのコピーバンド「ピロフェイク」にてドラムス担当。 ボルダリング、フットサル、ビリヤード、麻雀、ぷよぷよ、テニスなどもします。 初めて来られた方は、このすぐ下↓のメニューから興味のある記事だけを読まれる方がいいと思います。
メニュー
このブログ内を検索!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別の記事
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。