スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティア関係 情報

今回の東北地震災害、まだまだボランティアなどの力が必要です。

たった二日ですが、僕がボランティアをしてみて感じた事や、知った情報を羅列していきます。


・・・短期に活動したい人

・被災地では市町村ごとに、役場などに「ボランティアセンター(VC)」が作られていて、ボランティアをしたい個人や団体はそこに連絡、集合する。VCではボランティアの需要(被災者・被災地がして欲しい事)の情報や必要な用具、トイレなどがある。そこから、実際の作業場所に向かい作業をして、夕方までにまたVCに戻り、作業の進捗状況を報告した後、宿へ移動して休む、という流れ。

・突然、少人数で行ってもそれに対応、案内する人員が必要になり、あまり効果的とはいえない場合があるので、まずVCに問い合わせたりして現状のボランティア需要を確認する。

・旅行会社などがボランティアバスツアーを組んでいるので、そういうのを利用するのも一つの手段。
自分で「需要」を調べなくても、その時人手が必要なところに、人数を集めて連れていってくれて、大人数で働けるので効率が良いのがメリット。でも催行人数が集まらないと、ツアーが成り立たない事がある。

ちなみに、大阪からのバスツアーなどもあるようです。
料金は、僕が参加したもので25000円くらい、東京駅発着、一泊三日、ホテルでは同性との四人部屋という内容でした。



僕みたいに知識、経験が無くて自分に何ができるのか分からない人やには、ここの情報がわかりやすいです。



その中で、各地域(VC)のボランティア募集状況も、7月29日に更新されていて現状がよく分かります。





・・・長期に活動出来る人

・VCのスタッフになったり、何か技術を持っている人は(NPOだったり)VC以外で活動している団体(例えば建築関係の復旧に携わるチームなど)も色々あるようなので、そういうところに参加する事も出来る。
ネットで色々募集がある。








僕がバスツアーに参加した時の、帰りのバスにて・・・

「僕は明日には飛行機で大阪へ帰るんですけど、長靴とか二日しか使ってないので、VCに置いていったらまた次来た人の為に役立ったりしますか?」

とスタッフさんに申し出たところ、

「いいんですか、こちらもありがたいです」

とVCさんの方で引き取ってくれた。
そのやりとりを聞いた別のボランティア参加者が、僕にこう言った。

「もう、来ないって事かね・・・」

その人は、色々な所にボランティアで行ってるっぽいおじさん。

「いや、また来た時にはまた買いますからー」

「そう言う人に限って、来ないんだよ・・・」

僕は何も言い返しませんでした。

今回のバスツアーでは若い人は少なく、平均年齢40歳から50歳といった感じでした。
その人は、若いやつは軟弱で、思いやりもないやつが多いと思っているのかもしれません。

ツアー参加者にも、色んな考え方の人がいます。

「何回でも、来いよ」というその人の想い。

僕は、もう少し気軽に参加する人がいても別にいいやん、と思います。どんな考え方の人が来ようが、一人は一人。

輪をひろげる事の方が大事で、もし誰かの参考になればいいなと思い、こういう記事を書いてます。
スポンサーサイト

ル パンナとブランジェリ タケウチのクロワッサン

東京で食べたクロワッサンの味を忘れないうちに、大阪のクロワッサンも食べ直し。

ル パンナ 本町 14時
クロワッサン
食感はすごくサクサクというわけではない。生地全体のバター風味が凄くて、美味い。

惣菜パンもどれも美味くて、飯屋をやっても流行りそうだな、と昔から思う。


ブランジェリ タケウチ 本町 14時
クロワッサン
焼きがしっかりしてて、黒っぽい。食感はパリッとした感じ。「こんがり」したバター味は、なかなか珍しいタイプ。

評判の店タケウチに初めて行ったら、ハード系が多かった。そういう店なのか、行った時間がたまたまそういう時間だっただけか・・・?

ちょっと腰痛

・土曜夜帰宅し、日、月と宿直勤務。腰が少し痛い。けど仕事がわりあい暇なので助かった。

・アナログ放送が終了。職場のテレビが、ただの箱になった。

・ドラム練習再開せな。

・MT車にまた乗りたい。

東京クロワッサン祭

今回、東京でクロワッサンを食べまくりました。

ちなみに、店選びは「ぴあMook 東京のおいしいパン屋さん(アプリ版)」、ネットのぐるなびなどを参考にしました。





これは、クロワッサンを愛するあるおっさんの、胸焼けとの闘いの記録である・・・





東京クロワッサン まとめ

(店名、最寄り駅、購入時間、クロワッサンの感想、その他のパンの感想、コメントなど)


as leaf 浜松町 10時半 イートイン
いまいち。
クリームパン、地中海レモンなども、普通。普通の駅ナカパン屋さん。


サンジェルマン 牛込神楽坂 15時頃 イートイン
普通。
カレーパン、「とろける玉子カレー」みたいな名前のパンもうまかった。


ジャン フランソワ 表参道 11時 イートイン
クロワッサン フランソワ うまい!食感サクサク。生地全体にバターの美味しさが織り込まれている。外皮への味付けは無いか、微量。
他のパンも(ソーセージ入りのものや、ハード系など)かなりうまい。

胚芽クロワッサンのようなものもあり、これも変わったクロワッサン。うまい。


ドミニク サブロン 赤坂見附 12時半
外皮がパリッとはしているが、中の生地や、全体的には少しもっちりした食感。派手さはないがふんわりとバター味が生地にも含まれ、うまい。外皮への味付けは微量。時間がたっても美味しそう。


パティスリーSATSUKI 赤坂見附か麹町 13時半
ニューオータニ六階のパティスリーでいくつか売られるパンの中の一つ、スーパークロワッサン700円はでかい。
一応イートインできるらしかったが、ホテルロビーの上品な雰囲気なのでおっさん一人では座りづらく、持ち帰って時間がたってから食べたので、食感はもっさりしていた。
バター風味はなかなか良かったので、焼き立てを食べたらうまいやろけど、大きいので途中で結局飽きるのでは・・・?


ヒルサイドパントリー 代官山 11時過ぎ イートイン

天然酵母クロワッサン
味はかなり控えめ。食感は中がかなりもっちり、外はサクサクというよりもっと繊細で、シャクシャク。食感のバランスが凄くて、こんなクロワッサンもあるのかとびっくり。温かいタイミングで食べれた。

発酵バタークロワッサン

外シャクシャク、中サクサク、バターの香ばしさたっぷり、これもうまい。こちらは時間がたってもある程度イケそう。

他のパンもうまそうだ!


ル コルドン ブルー 代官山 1200 イートイン

外パリ、中ややもっちり。バターの味わい豊かで、正統派。イートインでは温めて出してくれるし、料理学校(教室?)メインっぽいので、お客さんは少なくいつでもうまいクロワッサンをのんびり食べれそう。
他のパンは少なく、ケーキが多い。飯ではなくカフェ使い。
ヒルサイドパントリーと近いので、両方の店のクロワッサンを食べ比べるのは面白いと思う。







以上、7店9種類のクロワッサンを今回食べました。

一番うまかったのは・・・

ヒルサイドパントリー 代官山の天然酵母クロワッサン!


次点に、ジャン フランソワ(表参道)とドミニク サブロン(赤坂見附)。



ただ、パンは焼いてからどれくらい冷めてしまっているかで全然味は変わってしまいます。自分が腹が減ってたか、その前に何を食べたかでも、感じ方は変わります。ので、僕が食べたタイミングで、たまたまこう思っただけです。


どちら様も、オススメなどあればまた教えて下さい。

七日目 無事帰宅

1700 妻への土産を買う為、また銀座に戻る。今日は反復横とびのように、電車賃のかかる動きをしている。

1900 浜松町のロッカーから荷物を取り出す。

1945 羽田空港にチェックイン。

2130 関空到着




というわけで、無事帰宅です!

少し疲れた夏休みでしたが、前回来た時よりだいぶ東京を楽しむ事ができました。

七日目

たび最終日。

0900 起床。なんか、寝たり起きたりだったが元気。筋肉痛も思っていたほど厳しくはない。

1100 浜松町のコインロッカーに重い荷物は置いた後、代官山へ。シャツを買い、ブランチ。噂通り、女子的な店が多い街。

どうでもいい事だが、服屋の店員でサイズについてやたら「ジャスト」と言いたがるやつがいるが、正解にはどういう意味だ。テニス用語では、ジャストは「ぎりぎりでアウトでした」という意味だ。それでいくなら、
「お客様の場合、ぎりぎりでアウトな感じに着てもらうんでしたらMでいいですし、ゆったり着てもらうならLですね。乾燥機にかけられたりするんでしたら、どうしても縮むんで、Lでもぎりぎりアウトな感じに近づいていきます。」
っていう「どっちみちアウト」っぽい話になってくる。

1330 「3331 アーツ チヨダ」へ。元中学校をアートスペースにした建物で、主に学生さんの、難解だったり、楽しいアートの数々に興奮したり、キョトンとしたり、感嘆したりした。
特に井上リエさんの個展は面白く、凄い感性をお持ちの方だと思った。

1600 表参道までまた戻り(ピタパは便利で乗り放題っぽい錯覚を起こしてしまい、電車賃を相当無駄遣いしているが)、echicaでビールとパン休憩。

六日目

0530 起床


0600 朝ご飯


0730 宿を出る


0930 ボランティアセンターに寄ってまたスコップなどを借りた後、昨日と同じ場所へ。作業内容も昨日の続きで側溝・路肩の泥かき。




今日も曇りで、昨日よりは気温は高いけど、わりあい過ごしやすい。二日とも晴れてたらたぶん倍ぐらいハードになったので、天気には本当に恵まれた。
お昼休憩を挟んで、14時頃まで作業。路肩と側溝が、100メートルほどにわたって綺麗になった。
疲れと、目に見える作業の成果で、達成感がすごくあった。




その道沿いの半壊した家の方が、かけつけてきた。「ありがとうございました。すみませんでした。いや、何と言ったらいいか・・・本当にありがとうございました。」(一同笑)

その方が以前にこのボランティア作業の依頼をしていたのだが、しばらくボランティアセンターからの連絡が無かったところ、前日たまたま自宅に戻ってみて道が綺麗になっているのに気付いて、今日またボランティアの作業がある事を知ってお礼を言いにわざわざまた来てくれたのだった。
僕たちツアー客も、その方が来てくれて貴重な体験(まわりの景色が今といかに違ったかなど)を話してくださったり、半壊した家を建て直して再びこの地で住むつもりである事などを聞けて、あーやって良かったなぁと凄く思えた。


1430 役場へ戻り、スコップなどを洗浄。ボランティアセンターで、昨日の握り飯に続き、今日はかき氷の差し入れがあった。
二日間の作業は当初の予想よりも進んだらしく、役場の方からもまたマックスの感謝の言葉をいただいた。
でも、こういう「復活を目指せる」家がある地域はほんの一部しかなく、その他のほとんどの地域は町の形を変えていく事になるだろう、というお話だった。
バスが発つ時には、色々サポートしてくれた、ボランティアセンターの方々も皆で見送ってくれた。


1645 スーパー銭湯みたいなとこに寄った後、旅行会社のスタッフさんとお別れ。バスが見えなくなるまで、手を振ってくれていた。
スタッフさんは自身も被災者であり、今回はボランティア作業にもリーダーとして参加し、ツアーを案内して、と(仕事とはいえ)ある意味いちばんハードだったはず。お疲れ様でした。


2145 那須のサービスエリアで晩御飯休憩などもとった後、予定よりだいぶ早く東京駅に到着。
ツアー参加者も、みんないい笑顔で解散していく。

相部屋になったH君は九つも年下なのに、気の合う奴だった。また会おう。

いい天気、いいタイミング、いいスタッフ、いい参加メンバー、色んな事で本当に恵まれ、いい体験が出来た。


2245 ホテル着。福島の酒をひっかけて、ほどなくして疲れで寝てしまう。

五日目 そして結局毎晩ビール

1800 夕飯。メニューは簡素だが魚がうまい。
一人参加が大いツアーの為、30人以上の団体で一部屋借り切っているのに、みんなが(遠慮し合っているのもあって)飲んでいるのは水、というのはなかなか珍しい光景だった。

食後、風呂へ。露天はかがり火がいい雰囲気を出している、いい風呂だった。

2000 部屋に戻り、部屋の皆さんとビールで乾杯。みんないい人で良かった!

2200 明日も早いので早めに就寝。
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
writer: kenta
音楽、飲み食い、旅、変形するものが好き。 the pillowsのコピーバンド「ピロフェイク」にてドラムス担当。 ボルダリング、フットサル、ビリヤード、麻雀、ぷよぷよ、テニスなどもします。 初めて来られた方は、このすぐ下↓のメニューから興味のある記事だけを読まれる方がいいと思います。
メニュー
このブログ内を検索!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別の記事
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。