スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳をとって疑り深くなったのか

仕事で、よく「はんこ」を使います。

よく使うのに支給されないので、仕方無く自腹で買うのですが、僕の名字は珍しくてあんまりはんこは売ってないんです。

一応、はんこが並んでる例の器具をくるくる回して探してみて、

(「山田」とかは二つも常備されてて、なんでおれのはないねんクソッ)

などとブツブツいいながら、仕方無く特注になってしまいます。


ところがここ数年、近所の「ダイソ○」にはあるんです、あのくるくる回るやつに僕の名字が。特注しなくても。

(おお、あるやん!)

と最初はテンションが上がりましたが・・・

(この名字のリストって、ダイソ○がどうやってリストアップしてるんやろ・・・
市とか国が、地域別の名字の比率っていう個人情報をダイソ○に売ってるんちゃうか?)

僕の名字のはんこを置いてくれるようになったのは、僕が結婚した後(=僕の名字を持つ者が一人増えた時)のような気がするので、このような疑惑が浮かんでしまうのですが、考え過ぎでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
writer: kenta
音楽、飲み食い、旅、変形するものが好き。 the pillowsのコピーバンド「ピロフェイク」にてドラムス担当。 ボルダリング、フットサル、ビリヤード、麻雀、ぷよぷよ、テニスなどもします。 初めて来られた方は、このすぐ下↓のメニューから興味のある記事だけを読まれる方がいいと思います。
メニュー
このブログ内を検索!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別の記事
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。