スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教の自由?

輸血を禁止している宗教があるのを、初めて知りました。(有名なんですかね?)

今まで、僕は「他人に迷惑をかけなければ、何の宗教に入っていようがその人の自由だ」と思っていました。

でも輸血を拒むって事は、その人に万一の事があった時、普通なら助かる命が助からなくなってしまう可能性がある、という事ですよね。

本人がそれを望むなら、仕方ない・・・?

難しい問題ですが、残された身内、友人の悲しみ、悔やんでも悔やみきれない想いを考えると、仕方ないで済む事ではないように思います。




これからは、知り合いでその宗教に入るのを検討している人がいたら、全力で止めにかかりたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

輸血禁止の宗教、
私の知る限り30年前から有名です。
宗派への勧誘を「ボランティア」と称し、
自費でパンフレットを購入し
それを配布しながら、礼儀正しく
熱心に布教されることでも有名です。
色々な宗教があるものです。
宗教は生き方のためのものだけでなく、
死に方を問うものでもあるのかも知れません。


No title

>母上様
「宗教は生き方のためのものだけでなく、 死に方を問うものでもあるのかも知れません。」
うーん、本当にそうなのかもしれませんね・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
writer: kenta
音楽、飲み食い、旅、変形するものが好き。 the pillowsのコピーバンド「ピロフェイク」にてドラムス担当。 ボルダリング、フットサル、ビリヤード、麻雀、ぷよぷよ、テニスなどもします。 初めて来られた方は、このすぐ下↓のメニューから興味のある記事だけを読まれる方がいいと思います。
メニュー
このブログ内を検索!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別の記事
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。