スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は左寄り

いいイヤホンを買ってから、色んな曲の音がよく聴こえるようになりました。

楽器の位置もよく分かるようになって(たとえばジュディマリのギターは左寄りから鳴ってる事が多いなとか)、音楽を聴く楽しみが増えました。

僕が聴く(バンドサウンド系の)ほとんどの曲は、ドラムのスネア・ベードラ・ハット、ボーカル、ベースの音については左右から同じ音量で鳴らされています(つまり、中心位置から聴こえます)。

コーラスがある曲のコーラスは大体音が左右に振り分けられてます。メインボーカルと聴き分け易いようにでしょうか。

ギター音の鳴り方はバンドや曲によって様々で、ピロウズみたいに二本ギターがあるところはほとんどが左右にそれぞれ分かれてるし、ピアノやストリングスなんかを右寄りとしてギターは左という風に分けてるバンドもあったり、あえて真ん中に位置させるバンドもあったり、曲によってその位置を変えてるバンドもあったりと、ギター音の位置には各バンドに特徴が出て面白いです。

ドラムで不思議なのが、スネアとベードラは中心に固定なのに、ハイタムを左、フロアタムを右などと少しずらしてるバンドや曲がすごく多い気がするのですが、これは何か理由があるんでしょうか?
ドラムを演る者からすると、このズレがある事でまさに「タムを回してる」フィルインの臨場感が増してます。これ、誰がやり始めたんだろう・・・

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
writer: kenta
音楽、飲み食い、旅、変形するものが好き。 the pillowsのコピーバンド「ピロフェイク」にてドラムス担当。 ボルダリング、フットサル、ビリヤード、麻雀、ぷよぷよ、テニスなどもします。 初めて来られた方は、このすぐ下↓のメニューから興味のある記事だけを読まれる方がいいと思います。
メニュー
このブログ内を検索!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別の記事
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。