スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あほー!




彼女とは、サブウェイズのライブで出待ちをしていて知り合いました。
彼女は僕をミクシィに招待してくれて、時々連絡をとりあう程度の仲になりました。
彼女には付き合っている人がいました。
しばらくして、彼女と二人で飲みに行く機会ができました。
僕達は意気投合してしまいました。
僕は彼女の事がすっかり好きになりました。
でも僕は彼女がフリーになるまで、いい友達でいようと思いました。
2回目に飲みに行った時、彼女は僕に悩みを打ち明けました。
彼女も最初に僕と飲みに行った日から、悩んでいました。
悩んでいる原因が自分にあると知ってしまった僕は、もう後には退けず、彼女に自分の気持ちを伝えました。
彼女は「今付き合っている人の方が大事」という結論を出しました。
僕達は、「もしこれからお互いがフリーになるタイミングが来た時には、付き合おう」と言いました。
「それまでは、会わない」というルールを決めました。
楽しいメールや電話が続きました。
でも彼女は相変わらず悩んでいるようでした。
彼女は彼とのデート中についに全てを話してしまいました。
彼らは話し合った結果、別れてしまいました。
その日のうちに、彼女は僕と会いました。
僕は「気持ちが落ち着くまで待ってるし、これでほんまに良かったんか考え。」と言いました。
彼女は「付き合おう」と言いました。
僕達は何度も、何度も、何度もキスをしました。
でも翌日の彼女は、さらに悩みを深めてしまったようでした。
僕と会うのも辛いしどうしていいか分からない、とメールが来ました。
僕は電話越しに泣いてしまいました。
「おれもそんな中途半端な気持ちで付き合ってほしくなかったし、もう一回ちゃんとゆっくり考えて、誰かに相談して、冷静に答えを出して。」と言いました。
その翌日、彼女は僕と付き合う事を決めた、と答えを出しました。
お互いに「よろしく」を言いました。
その翌日、僕達は初デートをしました。
でも彼女は上の空でした。ずっと悲しそうな顔をしていました。
彼女は「やっぱり彼の方が好きで、大事だと今日気付いた。ほんまにごめん。」と、僕に別れを告げました。




僕はしばらく、何が起こったのかよく分からない、抜け殻のような状態になってしまいました。




でも彼女もその時々で、素直に行動しての事だったと思います。
誰も悪くないし。
運とタイミングが悪かったんかな。


何にせよ、もっと魅力ある人間になれるように頑張るしかないし!




それにしても・・・話してて、メールしてて、これ以上楽しい人なんておるか!?っていうくらい、フィーリングばっちりでした。
こんなに人を好きになった事ってあったかな・・・
自分ってこんな奴やったっけ?っていうくらい素直になれたり、テンション上がったり。
またいつかこんな気持ちになる事が、あるかなぁ。







「天国から地獄」を体験してから5日経って、ちょっとずつ気持ちが回復してきた2006年6月6日にこのメモを残しました。





カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
writer: kenta
音楽、飲み食い、旅、変形するものが好き。 the pillowsのコピーバンド「ピロフェイク」にてドラムス担当。 ボルダリング、フットサル、ビリヤード、麻雀、ぷよぷよ、テニスなどもします。 初めて来られた方は、このすぐ下↓のメニューから興味のある記事だけを読まれる方がいいと思います。
メニュー
このブログ内を検索!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別の記事
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。